2019年1月17日(木)

日経商品指数17種

(1970年平均=100)
1月17日 147.698 +0.459

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

厚労相「信頼回復急ぐ」 特別監察委が初会合[映像あり]

新天皇祝賀パレード 車両は「センチュリー」

1月17日(木)13:00

崔真淑のサイ視点[映像あり]

1月16日(水)14:14

[PR]

マーケット > 商品 > 商品概況 > 記事

商品概況

シカゴ穀物概況・11日

2019/1/12 6:34
保存
共有
印刷
その他

【シカゴ支局】11日のシカゴ市場で主要穀物は軒並み反発した。前日に大きく売られたため値ごろ感に着目した買いが優勢になった。米中貿易協議の進展期待も相場を支えた。11日に米農務省が発表を予定していた1月の穀物需給は、米政府機関閉鎖の影響で発表停止になり「主要な材料がなくなったため市場は静かだった」(米穀物ファンド関係者)という。

大豆とトウモロコシは小幅に上げた。米中両国が1月中にもワシントンで貿易問題を巡る閣僚協議を開くとみられ、貿易交渉の進展期待が広がった。ブラジルの降雨不足で大豆などが不作になるとの見方も相場を支えた。大豆3月物は前日比3.50セント高の1ブッシェル=9.1025ドル。トウモロコシ3月物は同2セント高の3.7825ドルで終えた。

小麦は輸出拡大期待が買いを誘った。ロシアなど主要輸出国の小麦価格が上昇しており、割安な米国産の需要が増えるとみた買いが入った。3月物は同5.75セント高の5.1950ドルで終えた。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム