6/4 12:00更新 マーケット 記事ランキング

日経商品指数17種

(1970年平均=100)
6月4日 132.643 +0.472

[PR]

マーケット > 商品 > 商品概況 > 記事

商品概況

シカゴ穀物概況・21日

2020/5/22 6:01
保存
共有
印刷
その他

【シカゴ支局】21日のシカゴ市場で小麦が3日続伸した。主産地ロシアで南部を中心に降雨不足が続き、減産を見込む買いが続いた。米国の主産地カンザス州でも冷害による減産が懸念された。7月物終値は前日比2.25セント高の1ブッシェル=5.16ドルと、期近物終値で7営業日ぶりの高値をつけた。

大豆は反落した。対中輸出の先行きを警戒する売りが出た。トランプ米大統領が21日のツイートで中国を批判するなど強硬姿勢を強めている。今週に入り新規の中国向け輸出商談の発表がないことも嫌気された。

市場には米中貿易協議の部分合意で決まった中国の米農産物購入の実現を疑問視する向きが多い。ただ、中国の大豆買い付けは5月半ばから本格化し「購入が実現する可能性もある」(米穀物アナリスト)との声も聞かれた。大豆7月物終値は11.75セント安の8.35ドル。

トウモロコシは大豆につれ安した。7月物終値は1.75セント安の3.1775ドル。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム