日経商品指数17種

(1970年平均=100)
8月11日 141.308 -0.041

[PR]

マーケット > 商品 > 商品概況 > 記事

商品概況

シカゴ穀物概況・9日

2020/7/10 6:21
保存
共有
印刷
その他

【シカゴ支局】9日のシカゴ市場で小麦が4営業日続伸し、中心限月物終値ベースで約2カ月半ぶりの高値をつけた。世界的な需給逼迫への警戒感から買われた。今週の市場にロシアやフランスの減産見通しが伝わった。米農務省は10日発表の穀物需給で米産小麦の収穫量見通しを前月比引き下げるとの観測も根強い。9月物終値は前日比8.50セント高の1ブッシェル=5.25ドル。

トウモロコシと大豆も上げた。米中西部産地で高温の乾燥した状態が続くとの天気予報を受け、作柄悪化への懸念が広がった。穀物需給の発表を控え、持ち高調整の買いも入った。

トウモロコシ12月物終値は同2.75セント高の3.57ドル。大豆11月物終値は同4.25セント高の9.0150ドル。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム