6/2 2:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: コロナ債、世界で13兆円規模 10カ国が国債で費用調達[有料会員限定]
  2. 2位: 「安心買い」集まる東京市場、年初来高値のオプション取引も[有料会員限定]
  3. 3位: NYダウ続落で始まる 抗議デモ拡大、経済再開に不透明感
  4. 4位: ペッパーフード、食材仕入れ先社長から20億円借り入れ
  5. 5位: 日経平均終値、2万2000円台回復 約3カ月ぶり

日経商品指数17種

(1970年平均=100)
6月1日 132.093 +0.026

[PR]

マーケット > 商品 > 商品概況 > 記事

商品概況

シカゴ穀物概況・9日

2020/4/10 5:41
保存
共有
印刷
その他

【シカゴ支局】9日のシカゴ市場でトウモロコシは小幅反発した。米農務省が9日発表した4月の穀物需給を受け一時売られたものの、その後上げに転じた。

同省は19~20年度のトウモロコシの米国の期末在庫を、エタノール向け需要の減少を理由に前月比11%増の5315万トンに引き上げた。市場予想を上回ったため一時売られたが「価格に織り込み済みとの見方から買い戻された」(米穀物アナリスト)という。10日からの3連休を控え、持ち高調整の買いも入った。5月物終値は前日比1.75セント高の1ブッシェル=3.3175ドル。

小麦は上げた。カンザス州などの産地で気温低下が予想され、作柄悪化を懸念する買いが入った。5月物終値は同8.25セント高の1ブッシェル=5.5650ドル。

大豆も上げた。持ち高調整の買いが入った。5月物終値は同9セント高の8.6350ドル。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム