2018年8月19日(日)

8/19 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: テスラ、CEOの告白に広がる不安[有料会員限定]
  2. 2位: 米SEC、四半期開示「見直し」調査認める[有料会員限定]
  3. 3位: インドルピーが最も下落 トルコリラ急落が波及[有料会員限定]
  4. 4位: ハイテク株変調の影 世界で包囲網、売り要因に[有料会員限定]
  5. 5位: 日米で自社株買い増加 株価不安定、米減税も一因[有料会員限定]

日経商品指数17種

(1970年平均=100)
8月17日 147.718 +0.517

[PR]

マーケット > 商品 > 商品概況 > 記事

商品概況

シカゴ穀物概況・12日

2017/10/13 5:45
保存
共有
印刷
その他

【シカゴ支局】12日のシカゴ市場で大豆が急伸した。米農務省が発表した10月の穀物需給で、推定イールド(1エーカー当たりの収穫量)が市場予想に反して前月比で減少したため、ファンドの買いが膨らんだ。市場には同省が来月の穀物需給でもイールドを引き下げるとの見方が出ている。「収穫が進むにつれてイールドの低下が明らかになってきた」(米穀物アナリスト)という。11月物終値は前日比26.75セント高の1ブッシェル=9.92ドル。

 トウモロコシは小幅高。大豆につれ高した。ただ、穀物需給でイールドが市場予想を上回ったため、上値は重かった。12月物終値は同3セント高の3.49ドル。

 小麦は下げた。需給の緩みを意識した売りに押された。穀物需給で、米国及び世界の期末在庫が前月から上方修正された。世界の在庫はロシアの増産で過去最高になった。12月物終値は同2.75セント安の4.305ドル。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム