2018年7月21日(土)

日経商品指数17種

(1970年平均=100)
7月20日 151.830 -0.152

[PR]

マーケット > 商品 > 商品概況 > 記事

商品概況

シカゴ穀物概況・12日

2018/1/13 6:38
保存
共有
印刷
その他

【シカゴ支局】12日のシカゴ市場で小麦が大幅に下落した。米農務省がこの日発表した1月の穀物需給で、冬小麦の作付面積推定が市場予想を上回ったため、需給の緩みを意識した売りが出た。ロシアやウクライナ産と比べ「米国産小麦の輸出競争力が弱いとみた売りも出た」(米穀物アナリスト)という。3月物の終値は前日比12.75セント安の1ブッシェル=4.205ドル。

 大豆は反発した。穀物需給で生産推定が市場予想を下回り、買われた。前日に期近物の終値として約4カ月半ぶりの安値を付けており、値ごろ感からの買いも入った。3月物の終値は同10.5セント高の9.605ドル。

 トウモロコシは小幅に下げた。穀物需給で生産推定が市場予想を上回った。イールド(1エーカー当たりの収穫量)が過去最高に上方修正され、増産観測が強まった。3月物の終値は同2.5セント安の3.4625ドル。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム