日経商品指数17種

(1970年平均=100)
10月18日 151.421 -0.386

[PR]

マーケット > 商品 > 商品概況 > 記事

商品概況

シカゴ穀物概況・6日

2017/10/7 5:53
共有
保存
印刷
その他

【シカゴ支局】6日のシカゴ市場で大豆が続伸し、中心限月物の終値ベースで約2週間ぶりの高値をつけた。ブラジル産地の降雨不足を受け減産見通しが広がった。「ブラジルの作付けは例年より大幅に遅れており、今月中に雨が降らなければ減産は避けられない」(米穀物アナリスト)という。市場は12日に米農務省が発表する10月の穀物需給に注目している。11月物終値は前日比4セント高の1ブッシェル=9.7225ドル。

 トウモロコシは小動き。米中西部産地の降雨で収穫の遅れを見込む買いが相場を支えた。新規材料に乏しく動意薄の展開だった。12月物終値は同0.5セント高の3.50ドル。

 小麦は小反発した。週末を控えた売り持ち高の解消が目立った。ロシアの国内価格の上昇も支援材料という。12月物終値は同2.75セント高の4.435ドル。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

関連キーワードで検索

終値ベースシカゴ

新着記事一覧

読まれたコラム