/

塩川正十郎氏が死去 小泉内閣で財務相、「塩爺」の愛称

(更新)

小泉内閣発足時から財務相を務め、「塩爺」(しおじい)の愛称で親しまれた元自民党衆院議員、塩川正十郎(しおかわ・まさじゅうろう)氏が19日午前10時15分、肺炎のため大阪市内の病院で死去した。93歳だった。告別式は24日正午から大阪府吹田市桃山台5の3の10の千里会館。喪主は長男、耕士氏。

1944年慶応大卒。大阪府布施市(現東大阪市)助役を経て67年の衆院選で初当選し、衆院当選11回。宇野内閣の官房長官や自民党総務会長などを歴任した。財務相時代はひょうひょうとした関西弁で「母屋でおかゆをすすっている時に、離れですき焼きを食べている」などと特別会計改革を訴えて話題になった。

2003年に政界引退後は東洋大総長や関西棋院理事長を務める一方、テレビ番組などで政治・時事評論をした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン