最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,863.73 +167.99
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
22,870 +110

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

2020年 株主総会のポイント [映像あり]

日経CNBCコメンテーター 崔 真淑

2020年6月5日

10兆円予備費「緊急の経費に限定」 官房長官 [映像あり]

米ガソリン価格が反発 4月安値から1割高

2020年6月5日

[PR]

為替概況

NY円、続伸 1ドル=107円95銭~108円05銭、米景気懸念でドル売り

2020/3/28 6:39
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=川内資子】27日のニューヨーク外国為替市場で円相場は大幅に続伸し、前日比1円60銭円高・ドル安の1ドル=107円95銭~108円05銭で取引を終えた。新型コロナウイルスの感染拡大で米景気が急減速するとの懸念が強まり、幅広い通貨に対してドル売りが優勢となった。

米国の新型コロナの感染者数が26日、これまで最多だった中国やイタリアを上回った。米ジョンズ・ホプキンス大の集計によると、米国での感染者数は27日は10万人に近づいた。人口密度の高いニューヨーク州などで感染が急拡大している。多くの地域が感染拡大を阻止するため人の移動を制限する措置を取っている。経済活動の停滞が長引くとの懸念が改めて強まった。

3月の米消費者態度指数(確報値、ミシガン大学調べ)は2016年10月以来3年5カ月ぶりの低水準となった。前月比での低下幅は過去50年で4番目の大きさだった。26日発表の週間の米新規失業保険申請件数は過去最大の増加を記録していた。新型コロナの拡大で米経済をけん引する個人消費が急速に落ち込むとの懸念が強まりドル売りを促した。

米株式相場が反落し、低リスク通貨とされる円が買われた。米長期金利の低下を背景に日米の金利差縮小を見込んだ円買い・ドル売りも入った。

米議会下院は27日、新型コロナに対処する2兆ドルの大型経済対策を賛成多数で可決した。トランプ米大統領の署名を経て、同日中にも成立する。下院での可決は市場で広く予想されており、相場の反応は目立たなかった。

円の高値は107円75銭、安値は108円90銭だった。

円は対ユーロで続伸し、前日比55銭円高・ユーロ安の1ユーロ=120円25~35銭で取引を終えた。

ユーロはドルに対して6日続伸し、前日比0.0110ドル高の1ユーロ=1.1135~45ドルだった。米景気の減速懸念からユーロ買い・ドル売りが優勢となった。

ユーロの高値は1.1148ドル、安値は1.0954ドルだった。

カナダドルは対ドルで上昇した。カナダ銀行(中央銀行)は27日朝、追加の緊急利下げを実施すると発表した。新型コロナの影響を受けるカナダの金融システムと経済を支えるのが目的。今月3度目の利下げでカナダ政府債などの買い入れも始める。発表後はカナダドルには売りが先行したが、次第に米景気懸念を背景とした米ドル売りに押された。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム