2019年1月23日(水)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,603.23 -19.68
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
20,620 +60

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

日銀決定会合 大規模緩和策を維持[映像あり]

日銀展望 18〜20年度物価見通しを下方修正

1月23日(水)13:00

今晶のクリスタルアイ[映像あり]

日経QUICKニュース 今 晶

1月22日(火)14:20

[PR]

為替概況

NY円、3日続落 1ドル=110円35~45銭、米金利の一段の上昇で

2018/5/17 7:03
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=森田理恵】16日のニューヨーク外国為替市場で円相場は小幅に3日続落し、前日比5銭円安・ドル高の1ドル=110円35~45銭で終えた。午後に米長期金利の上昇が勢いづき、日米金利差の拡大を手掛かりとした円売り・ドル買いが優勢になった。

米長期金利は午後に3.10%と6年10カ月ぶりの高さとなった。朝発表の4月の米鉱工業生産指数が市場予想を上回ったことも円売り・ドル買い材料だった。

円は小高く推移する場面もあった。イタリアが欧州中央銀行(ECB)に債務免除を要請すると伝わった。過剰債務への懸念から円買い・ユーロ売りが進み、対ドルでも円買いが先行した。北朝鮮が米朝首脳会談の中止を示唆したことも市場の警戒を誘い、低金利で投資資金の調達通貨である円の上昇圧力になった。

16日の円の安値は1ドル=110円40銭、高値は110円03銭だった。

円は対ユーロで続伸し、前日比30銭円高・ユーロ安の1ユーロ=130円30~40銭で終えた。イタリア財政の先行き不透明感を警戒した円買い・ユーロ売りが優勢だった。

ユーロは対ドルで3日続落した。前日比0.0030ドル安い1ユーロ=1.1800~10ドルで終えた。米長期金利の上昇もユーロの重荷となり、一時は1.1763ドル近辺まで下げた。

ユーロの高値は1.1820ドルだった。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム