8/15 17:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,289.36 +39.75
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
23,280 +70

[PR]

為替概況

NY円、上昇 1ドル=107円35~45銭 リスク回避のドル買い後退で

2020/7/7 6:44
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=古江敦子】6日のニューヨーク外国為替市場で円相場は上昇し、前週末比10銭円高・ドル安の1ドル=107円35~45銭で取引を終えた。世界的な株式相場の上昇で投資家心理が強気に傾いた。リスク回避時に流動性を確保するために買われやすいドルがユーロなどに対して売られ、対円でのドル売りにつながった。

中国景気の回復期待が高まり、6日の上海総合指数が5.7%上昇した。アジア・欧州株がつれ高となり、米市場ではダウ工業株30種平均が459ドル高で終えた。投資家のリスク選好姿勢が強まり、ドルがユーロや新興国通貨に対して下落。円に対するドル売りに波及した。

米サプライマネジメント協会(ISM)が6日午前に発表した6月の非製造業景況感指数は前月比11.7ポイント上昇の57.1と、過去最大の上昇幅となり、市場予想(50.1)を大きく上回った。発表直後は円売り・ドル買いが強まる場面があったが、続かなかった。

円の高値は107円26銭、安値は107円59銭だった。

円は対ユーロで続落。前日比60銭円安・ユーロ高の1ユーロ=121円40~50銭で取引を終えた。世界的な株式相場の上昇で、低リスク通貨とされる円はユーロに対して売り優勢となった。

ユーロは対ドルで続伸。前週末比0.0065ドル高い1ユーロ=1.1305~15ドルで終えた。世界的な株高で投資家心理が改善し、リスク回避目的で買われやすいドルがユーロに対して売られた。この日の高値は1.1345ドル、安値は1.1303ドルだった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム