最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,023.10 +598.29
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,960 +560

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月13日(金)14:20

官房長官 英総選挙「日系企業の円滑なビジネス継続を」[映像あり]

経財相 設備投資堅調「持続的成長の実現に期待」

12月13日(金)13:00

[PR]

為替概況

NY円、4日続伸 1ドル=108円35~45銭で終了、米中協議の不透明感で

2019/11/15 7:28
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=川内資子】14日のニューヨーク外国為替市場で円相場は4日続伸し、前日比40銭円高・ドル安の1ドル=108円35~45銭で取引を終えた。米中の貿易協議を巡る不透明感から、リスク回避の際に買われやすい円が上昇した。

中国商務省の報道官が14日、米中が発動した追加関税の撤廃について「合意するための重要な条件で、踏み込んだ議論をしているところだ」と述べたと伝わった。英フィナンシャル・タイムズ(FT)が14日午後に「米中は第1弾合意の詰めにもがいている」と報じた。米中が早期に合意するとの期待がやや薄れた。

パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長は前日に続き、14日も米議会で証言した。改めて当面の政策金利据え置きを示唆したと受け止められた。14日発表の10月の米卸売物価指数(PPI)は前年同月比の伸び率が鈍化した。米債券市場で長期金利が低下し、日米の金利差縮小を見込んだ円買い・ドル売りも出た。

円の高値は108円24銭、安値は108円69銭だった。

円は対ユーロで4日続伸し、前日比30銭円高・ユーロ安の1ユーロ=119円45~55銭で取引を終えた。リスク回避目的の円買いが入り、一時119円26銭と10月15日以来1カ月ぶりの円高・ユーロ安水準を付けた。

ユーロはドルに対して8営業日ぶりに小反発し、前日比0.0015ドル高の1ユーロ=1.1015~25ドルだった。ユーロ圏と米国の金融政策の違いから足元でユーロ安・ドル高が進んだ反動で、持ち高調整目的のユーロ買いが入った。

ユーロの高値は1.1027ドル、安値は1.0993ドルだった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム