2018年9月25日(火)

9/25 0:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: GPIF、リーマン再来なら巨額評価損 危機に備えを[有料会員限定]
  2. 2位: 割安株相場の到来か 10年越しの交代、カギは金利[有料会員限定]
  3. 3位: 米国株、売り優勢で始まる 米中摩擦の長期化を警戒
  4. 4位: 楽天、携帯黒字化1年前倒しも 通信網を安く構築[有料会員限定]
  5. 5位: ロンドン株10時 4日ぶり反落、鉱業株などに利益確定の売り先行

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,869.93 +195.00
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
23,750 +290

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

9月21日(金)14:18

金融相 仮想通貨の不正流出 「甚だ遺憾」[映像あり]

24日に日米貿易協議 茂木氏とライトハイザー氏

9月21日(金)13:06

[PR]

為替概況

NY円、3日ぶり反発 1ドル=106円40~50銭 持ち高調整の円買い

2018/3/13 6:38
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=古江敦子】12日のニューヨーク外国為替市場で円相場は3営業日ぶりに反発した。前週末比35銭円高・ドル安の1ドル=106円40~50銭で取引を終えた。2月の米雇用統計を受け前週末にドルが大幅に上昇した反動で、持ち高調整の円買い・ドル売りが優勢となった。13日発表の米消費者物価指数(CPI)を控え、様子見ムードも強かった。

 アジアと欧州市場で円高・ドル安が進んだ流れを引き継いだ。雇用統計で雇用者数が大幅に伸び、前週末に円は一時107円05銭まで下落した。12日は持ち高調整目的の円買い・ドル売りが入りやすかった。雇用統計では雇用が拡大した半面、賃金の伸び悩みが示された。この点が改めて材料視され、米連邦準備理事会(FRB)による利上げペースは想定ほど加速しないとみた円買い・ドル売りも誘った。

 今週は2月のCPIや小売売上高など主要な米経済指標の発表が相次ぐ。米経済動向を見極めたいとのムードが広がり、持ち高を中立方向に戻すドル売り・円買いにつながった面もあるようだ。

 もっとも、円の上値は限られた。東京市場で学校法人「森友学園」を巡る問題に対し麻生財務相が自身の進退について「考えていない」と答えた。米市場では「円安志向とされる安倍政権の継続が意識され、円を積極的に買う機運が乏しかった」との指摘があった。

 円の高値は106円31銭。安値は106円64銭だった。

 円は対ユーロで反発。前週末比20銭円高・ユーロ安の1ユーロ=131円20~30銭で取引を終えた。

 ユーロは対ドルで3営業日ぶりに反発。前週末比0.0030ドル高い1ユーロ=1.2330~40ドルで終えた。米雇用統計を受けてユーロ安・ドル高が進んだ後とあって、持ち高調整を目的としたユーロ買い・ドル売りが入った。米CPIの発表を13日に控え、結果を見極めたいとしてユーロ買い・ドル売りを誘った面もあった。

 ユーロの高値は1.2345ドル、安値は1.2291ドルだった。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム