/

NY円、反落 1ドル=123円35~45銭で終了 米経済指標の改善で

【NQNニューヨーク=古江敦子】11日のニューヨーク外国為替市場で円相場は4営業日ぶりに反落し、前日比70銭円安・ドル高の1ドル=123円35~45銭で取引を終えた。米小売売上高など堅調な米経済指標が相次いだ。米景気が回復の勢いを増すとの観測から円売り・ドル買いが優勢になった。

アジアと欧州市場で円安・ドル高が進んだ流れを引き継いで始まった。5月の小売売上高は前月比1.2%増え、増加率が前月から拡大した。過去分が上昇修正され、米個人消費が堅調に回復しているとの見方が広がった。4月の米企業在庫は市場予想以上に増えた。米指標の改善を受け、証券会社などが4~6月期の米国内総生産(GDP)の予想を相次いで上方修正したことも、円売り・ドル買いを促した。

ただ、円の下値は堅かった。来週16~17日に開く米連邦公開市場委員会(FOMC)を意識して、持ち高を一方向に大きく傾ける動きは限られたという。

円の安値は124円19銭、高値は123円27銭だった。

円は対ユーロで小反落した。前日比5銭円安・ユーロ高の1ユーロ=138円90~139円00銭で取引を終えた。ドルに対する円の売り圧力が強く、ユーロに対しても円売りが及んだ。

ユーロは対ドルで反落し、前日比0.0065ドル安い1ユーロ=1.1255~65ドルで終えた。ギリシャへの金融支援を巡り、国際通貨基金(IMF)が協議を中断した。ギリシャ債務問題の先行き不透明感が強まり、ユーロ売りが強まった。米経済指標の改善を受けてユーロが売られた面もあった。

ユーロの安値は1.1181ドル、高値は1.1278ドルだった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン