最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,038.58 -109.99
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,050 -90

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

農水官民ファンド 新規投資を停止へ[映像あり]

投資家説明会 「ネットで」6割増

11月21日(木)13:00

トップに聞く[映像あり]

ラック 社長 西本 逸郎

11月21日(木)09:50

[PR]

為替概況

NY円、続伸 1ドル=107円50~60銭、米中協議の進展期待が後退

2019/9/21 6:25
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=戸部実華】20日のニューヨーク外国為替市場で円相場は続伸し、前日比50銭円高・ドル安の1ドル=107円50~60銭で取引を終えた。訪米中の中国の代表団が予定よりも早く帰国するとの報道を受けて、米中貿易協議が進むとの期待が後退した。投資家心理が悪化し、リスク回避の際に買われやすい円に買いが優勢になった。

米中両国は19日から次官級の貿易協議を再開したが、中国代表団は来週予定していた米モンタナ州の農家視察を中止して帰国するとロイター通信が20日報じた。報道の前には、トランプ米大統領がオーストラリアのモリソン首相との共同記者会見で、米中貿易協議について「来年の米大統領選前に合意する必要性はない」などと述べていた。

米中貿易摩擦が一段と長引くとの見方から米債券市場では米国債が買われて米長期金利が低下した。日米金利差が縮小するとの観測も円買い・ドル売りにつながった。米株式市場で主要な株価指数が下落し、投資資金の調達通貨とされる円の買いを誘った面もあった。

円の高値は107円52銭、安値は108円02銭だった。

円は対ユーロで3日続伸し、前日比80銭円高・ユーロ安の1ユーロ=118円45~55銭で取引を終えた。

ユーロは対ドルで反落し、前日比0.0020ドルユーロ安・ドル高の1ユーロ=1.1015~25ドルで取引を終えた。対ポンドでのドル買いがユーロに対しても波及したとの指摘があった。アイルランドの外相が20日、英国の欧州連合(EU)離脱についてアイルランド国境問題の解決には「まだ近づいていない」と述べたと伝わった。合意なき離脱が避けられるとの期待がやや後退し、ニューヨーク市場で英ポンド売り・ドル買いが優勢になった。

ユーロの安値は1.0996ドル、高値は1.1033ドルだった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム