2019年1月23日(水)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,622.91 -96.42
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
20,560 -160

[PR]

為替概況

円、NY市場で3日続伸 米大統領のドル高けん制受け

2018/7/21 7:06
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=古江敦子】20日のニューヨーク外国為替市場で円相場は大幅に3日続伸し、前日比1円の円高・ドル安の1ドル=111円45~55銭で取引を終えた。トランプ米大統領がドル高をけん制する発言をツイッターに投稿し、ドル売りを誘った。米中貿易摩擦への警戒感も、円など主要通貨に対するドル売りにつながった。

トランプ大統領がドル高をけん制する発言をツイッターに投稿し、ドル売りを誘った=ロイター

トランプ大統領がドル高をけん制する発言をツイッターに投稿し、ドル売りを誘った=ロイター

トランプ米大統領は20日朝、「中国、欧州連合(EU)やほかの国々は通貨を操作し、金利を抑えている」とツイッターに投稿し、ドル高に異を唱えた。米連邦準備理事会(FRB)の利上げ方針に対しても「いま金融政策を引き締めると、我々がやってきたことを全て損なう」とやり玉に挙げた。

トランプ氏は19日の米CNBCのインタビューでも利上げを「好ましくない」と批判したばかり。FRBが利上げペースを緩めかねないとの思惑が働き、円買いが強まった面もある。円は一時111円38銭に上昇した。

トランプ氏の発言の影響はこれにとどまらなかった。20日朝放送の米CNBCのインタビューでは、中国の輸入品すべてに「関税を課す準備をしている」と表明した。米中貿易摩擦が激化するとの警戒感が強まったことも、低リスク通貨とされる円の買いを促した。

円の安値は朝方に付けた112円29銭だった。

円は対ユーロで3日続伸し、前日比30銭円高・ユーロ安の1ユーロ=130円60~70銭で取引を終えた。

ユーロは対ドルで上昇した。前日比0.0085ドル高い1ユーロ=1.1720~30ドルで終えた。米大統領がFRBの政策を批判したのを受け、米利上げの先行き不透明感からユーロ買いが優勢になった。この日の高値は1.1739ドル、安値は1.1662ドルだった。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム