最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,329.94 -88.21
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,340 -50

[PR]

為替概況

NY円、下落 1ドル=107円55~65銭 米景気指標の上振れでドル買い

2020/6/30 6:54
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=張間正義】29日のニューヨーク外国為替市場で円相場は下落し、前週末比40銭円安・ドル高の1ドル=107円55~65銭で取引を終えた。一時は1ドル=107円88銭と3週間ぶりの円安・ドル高水準を付けた。米経済の改善を示唆する経済統計の発表を受けた円売り・ドル買いが優勢だった。米株式相場が上昇したのも円安につながった。

全米不動産協会が29日に発表した5月の米仮契約住宅販売指数は、前月比44.3%上昇と市場予想(15%上昇)を大きく上回り、過去最大の伸びだった。住宅購入の回復が米経済の改善につながるとの見方が強まった。

米株式市場でダウ工業株30種平均の上げ幅が500ドルを超えた。株高に伴い、低リスク通貨とされる円には売りが優勢となった。

もっとも、円売り・ドル買いの勢いは限られた。新型コロナウイルスの米国の新規感染者数は連日で過去最高水準が続いている。経済再開を休止する州も相次いでおり、経済回復が想定ほど早期に進まないとの懸念も高まっている。

円の高値は107円26銭だった。

円は対ユーロで下落した。前週末比65銭円安・ユーロ高の1ユーロ=120円90~121円00銭で取引を終えた。ユーロが主要通貨に対して買われた流れが波及した。

ユーロは対ドルで続伸した。前週末比0.0020ドル高の1ユーロ=1.1235~45ドルで取引を終えた。独連邦統計庁が29日発表した6月の消費者物価指数(CPI)が予想を大きく上回った。ドイツ中心にユーロ圏諸国の国債利回りの上昇(価格は下落)を手掛かりに、ユーロ買いが入った。

ユーロの高値は1.1287ドル、安値は1.1220ドルだった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム