/

この記事は会員限定です

国民年金5万円の衝撃 データで検証

支え合いの境界(4)

[有料会員限定]

「安心」の看板を掲げながらも、世代間の不公平が温存され、家族や働き方の変化に追いついていない日本の年金制度。代表例の一つが国民年金だけしかもらっていない高齢者の問題だ。幸せな生活を送っているとは言いがたい実態をデータで検証する。

国民年金は本来は自営業者や農家など、明確な定年がない人たちを対象とした年金だ。しかし、その姿は大きく変わっている。

国民年金、平均受給額は月5万円弱

まずは国民年金しかもらっていない人が日本にどれくらいい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1406文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン