課税新ルール、企業優位揺るがす 国家の逆襲
税金考(2)

2015/9/24 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「厄介な問題だ」。タイヤ大手、住友ゴム工業で税務を統括する荒木伸治氏(46)は、日米欧や中国など約40カ国政府が来年から導入する新たな国際課税のルールに頭を抱える。

機密事項も提出

不意打ちのような話だった。荒木氏が経済協力開発機構(OECD)のホームページで新課税ルールの詳細を知ったのは昨年秋。英語のルール案を読むと、世界展開する企業は各国のグループ会社の経営データを税当局に提出しなければなら…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。


関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]