ネットの扉 世界に開くか アリババ・馬会長
アジアひと未来(5)

2016/1/6 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

昨年11月11日。米東部時間の午前9時半、通信回線を介してニューヨーク証券取引所の取引開始を告げる鐘を鳴らしたのは、約1万1千キロメートル離れた北京にいたアリババ集団会長、馬雲(ジャック・マー、51)だった。

「100年後にまた鐘を鳴らしてほしい」。NY証取社長のトーマス・ファーリー(40)の激励に馬が応じた。「我々のサービスを通じて世界の変革に貢献したい」

数字の「1」が並ぶこの日を中国では「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。


アジアひと未来 1面の記事

世界が注目 この人に迫る

国境越え輝く異才

アジアキーワード

アジア人図鑑&データで見る

電子版トップ



[PR]