生産コスト上昇 「中国+1」いずれ限界に
アジアひと未来

2016/3/16 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「世界の工場」として発展したアジアも、経済成長に伴い生産コストは上昇している。典型が中国。日本貿易振興機構によると、2015年の製造業作業員の月給は424ドル(約4万8千円)と09年当時のほぼ2倍。人手不足も顕著だ。

企業は次の生産適地を探す「中国+1」の戦略を進めてきた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

リム・グアンエン マレーシア・ペナン州首相

アイサ・ミヘーノ フィリピンの塩ランプ考案者

李玉鼎 台湾・金車グループ社長

オリビア・ラム ハイフラックスCEO

ラグラム・ラジャン インド中銀総裁

李娜 元テニス選手 

アジアひと未来 第1部をまとめよみ

関連キーワード

電子版トップ



[PR]