2019年7月17日(水)

「印僑」と「華僑」 強い結束、事業広げる
アジアひと未来

2016/1/8 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国境を越えて人やお金がつながるアジア。けん引役は海外に定着した中国系の「華僑(華人)」とインド系の「印僑」だ。中国国籍の保持者は華僑、移住先の国籍を取得した人は華人だが、日本では華僑と総称することが多い。印僑にはそうした区別がない。

かつて欧米列強がアジアを植民地支配する過程で肉体労働者として移住し、事業を興した人も多い。華僑は5千万人、印僑は3千万人規模との推計もあり、特に東南アジアに根を張る…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

アジアひと未来 1面の記事

世界が注目 この人に迫る

国境越え輝く異才

アジアキーワード

アジア人図鑑&データで見る

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。