/

この記事は会員限定です

「印僑」と「華僑」 強い結束、事業広げる

アジアひと未来

[有料会員限定]

国境を越えて人やお金がつながるアジア。けん引役は海外に定着した中国系の「華僑(華人)」とインド系の「印僑」だ。中国国籍の保持者は華僑、移住先の国籍を取得した人は華人だが、日本では華僑と総称することが多い。印僑にはそうした区別がない。

かつて欧米列強がアジアを植民地支配する過程で肉体労働者として移住し、事業を興した人も多い。華僑は5千万人、印僑は3千万人規模との推計もあり、特に東南アジアに根を張る。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り309文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン