/

この記事は会員限定です

世銀・IMF体制 中国、米欧主導に対抗

[有料会員限定]

第2次世界大戦後に世界の基軸通貨は名実ともに英ポンドから米ドルに変わった。決めたのは1944年、米英など連合国側の44カ国が集まり、戦後の国際金融秩序をつくった会議だ。会議を開いた米国の地名から「ブレトンウッズ体制」と呼ぶ。

ブレトンウッズ体制で世界銀行と国際通貨基金(IMF)が発足した。世銀の役割は戦争で傷んだ欧州や途上国への援助だ。61年には日本の東海道新幹線の建設費を融資。中国も世銀からイン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り399文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン