台湾ウイスキー、常識覆し10年で世界一 李玉鼎・金車グループ社長
アジアひと未来

2016/3/16 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

スコットランドやアイルランドなどウイスキーの産地は冷涼な国。こんな常識を覆したのが台湾産の「カバラン」だ。飲食料大手の金車グループが無謀といわれた亜熱帯での生産に成功し、世界で販路を広げる。

昨年3月、金車社長の李玉鼎(51)の携帯電話が鳴った。英国の品評会に派遣した部下の声が弾んでいた。「世界一に選ばれました」。李は絶句し、喜びをかみ締めた。ウイスキー参入から10年目のことだった。

父が創業し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

リム・グアンエン マレーシア・ペナン州首相

アイサ・ミヘーノ フィリピンの塩ランプ考案者

陳守仁 香港の聯泰控股創業者

オリビア・ラム シンガポールのハイフラックスCEO

ラグラム・ラジャン インド中銀総裁

李娜 中国の元テニス選手 

アジアひと未来 第1部をまとめよみ

電子版トップ



[PR]