「消える仕事」の予言者に聞く、生き残りのヒント

2015/1/7 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

技術の進歩で「消える仕事」と「残る仕事」の分かれ目はどこにあるのか。技術と雇用の将来を予測した「雇用の未来」の著者、英オックスフォード大学のマイケル・オズボーン准教授に聞くと、「社会性、創造力、臨機応変さ。この3つにヒントがある」と指摘した。

同氏によると、3つとも、「経験や勘に基づく能力。どんなに高性能のコンピューターでも我々が脳の中にためている知識の深さは計算できない」という。こうした能力な…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

働きかたNext 1面の記事

働きかたNext 電子版記事

人口知能・ロボット

電子版トップ



[PR]