/

この記事は会員限定です

若手「異端児」社員、職場に新風

若者が問う(1)

[有料会員限定]

ミドルやシニア層が膨らみ、若手社員が活躍する機会が限られる日本企業。職場の閉塞感を打ち破り、どうやりがいを見いだすか。イトーキとNTT東日本で、それぞれ新風を吹き込もうとする若手「異端児」社員の取り組みを追った。

出社は不要 直接、日本各地に

事務用家具大手のイトーキで働く戸田裕昭さん(34)は社内で1人だけの「地方創生担当」社員だ。毎朝9時に出社する他の社員と違い、出社は不要。日本各地を直接飛び回る。顧客の自治体と連携し、新...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1279文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン