「泊まりイヤ」変わる運転手 ヤマト「昼輸送」改革

2015/1/3 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

長時間労働の代表例である長距離トラック運転手。国の2013年の調べでは、ひと月の労働時間は220時間と全産業平均より43時間も長い。15年には14万人もの人材が不足するとされる業界は変化を迫られている。

働き方を抜本的に変えようと、ヤマトホールディングスは大改革に動き始めた。神奈川県厚木市に構える中核物流ターミナル「厚木ゲートウェイ」を拠点に、名古屋、大阪を結ぶ大動脈で昼間の長距離多頻度輸送を3…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]