正社員にこだわらず 夢実現へ「3足のわらじ」
常識を疑え(1)

2015/2/27 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

終身雇用や年功型賃金という「正社員神話」が崩れた日本。定年まで1つの会社で過ごすという常識も変わり始めた。雇用形態にこだわらず、時には複数の仕事に就いてやりたいことを追求する。そんな新たな働き方が広がる。

「自分のやりたいことは1つではない」。中村龍太さん(50)は2枚の名刺を持つ。社員として働くソフト開発のサイボウズと、業務委託で働くIT(情報技術)ベンチャー、ダンクソフトの名刺だ。前職の日本…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]