入社は横一線にあらず 歩むレール自ら敷く
常識を疑え(2)

2015/2/28 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大学などを卒業した若者が4月から社会人として横一線でスタートする。そんな働き方の常識が変わろうとしている。

「見せ方を変えないと、使いやすいアプリにならないのでは」。東京・恵比寿のクックパッド本社。明治大学に通う玉木英嗣(19、写真)は街ネタを共有する新たなサービスを巡り、社員と活発に意見を交わす。彼はまだ1年生。就職活動は2年も先のはずだ。

「実際に企業で働いた経験は将来にいきるはず」。独学で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

これまでの「働きかたNext」


電子版トップ



[PR]