食と農 改革の時、90億人の胃袋を満たせ
大転換の予兆(1)

(1/2ページ)
2014/8/3 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人は生きるために食べ、食べものは農が育む。日本の国内総生産(GDP)のうち農業は1%にすぎず、食べものは4割しか国内でまかなえない。2050年には90億人が胃袋を満たそうと競い合う世界が待っている。備えは十分か。市場の広がりを追い風にできるか。環境を守り、安全と安心をどう確保するのか。日本の食と農も変わらなければ生き残れない。

北極海に浮かぶノルウェー領スピッツベルゲン島。今年2月、岡山大教授の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]