健康食品・サプリ、2人に1人 「何が必要」知識欠かせず

2015/1/16 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

市場調査のインテージ(東京・千代田)によると、2014年度の健康食品・サプリメントの利用者数は推定5665万人。13年度の調査に比べ6%増えた。日本では国民のほぼ2人に1人が健康食品やサプリを利用していることになる。

最も利用者が多いのは男女とも40代で、男女それぞれの利用者の19%を占めた。30代と50代を合わせると5割を超える。

利用目的で最も多いのは「美肌・肌ケア」。「健康維持・増進」「疲…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]