/

この記事は会員限定です

元財務相の藤井氏「将来の大増税、明らか」

日本国債(5)インタビュー

[有料会員限定]

連載の最終回は、歴史に焦点をあてる。大蔵省(現財務省)出身で、蔵相・財務相を務めた藤井裕久氏(84)に自身の体験を踏まえながら戦後財政史を大いに語ってもらった。藤井氏は、2012年に社会保障と税の一体改革を旧民主党の実務者としてまとめた立場から、安倍首相の消費増税の延期に苦言を呈した。(聞き手は経済部 川手伊織、藤川衛)

――財政の歴史から何を学ぶべきですか。

「私は安倍政権は誤った経済観に基づ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2759文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン