/

この記事は会員限定です

食物アレルギーの子供増加 自治体・企業が対策に知恵

[有料会員限定]

食物アレルギーのある子供が増えている。文部科学省が2013年に調査したところ、全公立小中高校の児童生徒の4.5%にあたる40万7千人余りに卵や小麦などの食物にアレルギーがあった。04年の前回調査より2割以上増えた。

12年に東京都調布市の市立小学校で乳製品にアレルギーのある女子児童が給食でチーズ入りチヂミを食べて死亡。対策の重要性が教育関係者に再認識された。現場では専用のトレーや容器に入れて提供...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り474文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン