/

この記事は会員限定です

農地で太陽光発電 ルネサンス、ミツウロコと組む

[有料会員限定]

酒類販売などを手掛けるルネサンス・プロジェクト(福岡市、中村鉄哉社長)は、農地を活用する太陽光発電事業に本格的に参入する。燃料商社のミツウロコグループホールディングスと組み、発電設備の建設ノウハウを得る。農業の収益拡大や耕作放棄地の再生・活用を図る事業モデルとして全国展開を目指す。

ルネサンスグループが山口県内に所有する山林1万5千平方メートルを農地化する許可を取得。約2億円を投じて、1年以内にも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り338文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン