/

西部ガスが提携カード 三井住友系と

西部ガスは31日、初めて提携クレジットカードを発行すると発表した。三井住友カードと連携し「ヒナタカード」を発行する。西部ガスグループの利用代金の支払いに使うと、カードの利用に応じてプレゼントと交換できるポイントが通常よりたまりやすいのが特徴。お得感を出すことで消費者にグループ全体の利用を促す。

カードの申し込みは7月3日から新規入会を受け付ける。ガス料金や電気料金の支払いに使うと、三井住友カードのポイントプログラムが通常の3倍たまる。西部ガスグループが運営するレストランや料理教室などの利用では2倍たまる。カードの年会費は初年度が無料で、西部ガスグループの利用が年に1回以上あれば翌年度は無料になる。

ガスと電気を西部ガスで契約している一般的な家庭で、カードを利用すると年間約2700円相当のメリットがあるという。家庭向けガス小売り自由化で九州電力への顧客の流出が進む中で、顧客にお得感と便利なサービスを用意する。また、カードをきっかけにグループ全体で顧客を囲い込む。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン