悲劇の伝承、道探る 水俣病公式確認から60年

2016/5/1 2:27
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

水俣病は1日、公式に確認されてから60年を迎えた。汚染された当時の海を知る世代は高齢化が進み、悲劇をどのように後世に伝えるかが課題となっている。「70年も80年の節目も伝え続ける」。資料館は展示に工夫を凝らした改装に取り組み、認定患者の「語り部」たちは被害者以外の継承者を探すなど模索を続けている。

公式確認60年に先立つ4月30日、熊本県水俣市立水俣病資料館は1993年の開館以来、初めて展示を大…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]