/

この記事は会員限定です

アウトレット構想浮上 閉園のスペースワールド跡地 地元反発も

[有料会員限定]

今年末に閉園するテーマパーク「スペースワールド」(北九州市)の跡地利用策としてアウトレットモール構想が浮上し、波紋を呼んでいる。同園の存続を求める地元組織は「小売業など地域経済が疲弊する」と反発し、署名活動を展開。静観してきた北九州市も土地所有者の新日鉄住金に地元の意見を伝える方針を表明するなど動きが活発になってきた。

複数の関係者によると、ジェットコースターなどの遊具の所有権を保有し、スペース...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1017文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン