本のお供にパンケーキ 一平、CCCと国内初FC

2017/9/28 21:35
保存
共有
印刷
その他

飲食業の一平(宮崎市)は10月1日、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)とフランチャイズ(FC)契約を結び国内で初めてパンケーキのFC店を武雄市こども図書館(佐賀県)内にオープンする。村岡浩司社長は「九州の地方創生やコミュニティー再生の起点となるようなカフェを目指したい」と話す。

武雄市こども図書館内に開くカフェのイメージ

武雄市こども図書館内に開くカフェのイメージ

店名は「九州パンケーキカフェ武雄市こども図書館店」で、武雄市図書館に隣接して同日に新規オープンするこども図書館内に開く。飲食スペースは約110平方メートルで、席数はテーブル席とテラス席を合わせて40席。

九州の素材だけで作った「九州パンケーキ」で、卵や牛乳、果物など佐賀県の地域素材を使ったメニューをそろえるほか、ハニー珈琲(福岡市)のスペシャルティーコーヒーも楽しめる。親子で楽しめる食育教室も定期的に開く。

九州パンケーキカフェは現在、宮崎本店(宮崎市)のほか、台湾で2店舗、シンガポールで1店舗を展開している。今後は九州地区限定でFCパートナーを募り、国内で店舗を拡大する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]