2019年7月21日(日)

JR九州、福証に上場 地元貢献アピール、売買活性化に期待

2016/10/26 21:43
保存
共有
印刷
その他

九州旅客鉄道(JR九州)は26日、福岡証券取引所に上場した。初値2940円に対し、終値2955円で初日の取引を終えた。25日には東京証券取引所に上場しているが、福証にも重複上場することで地元貢献をアピールする。福証にとっては113社目の上場銘柄で「九州を代表する企業の上場で、売買の活性化につながってほしい」と期待している。

福証の取引時間は午後3時半までで、東証より30分遅く、株式の流動性向上につながる。

福証での26日の売買代金は711万8200円。午後は取引が成立せず終値時刻は午前11時12分だった。福証によると、JR九州の時価総額は終値ベースで4728億円となり、1000億円を超える規模は1994年以来の大型の新規株式公開(IPO)だという。

同日、福証で上場式が開かれ、JR九州のほか証券会社や九州運輸局などから約70人が参加した。青柳俊彦社長は「新たなスタートだ。強靱(きょうじん)な鉄道づくりや九州でのまちづくりなどを推進したい」と意気込みを述べ、最後に出席者全員が博多手一本で締めくくった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。