/

全日空系、障害者雇用で宮崎に拠点

全日本空輸の特例子会社で障害者雇用を進めるANAウィングフェローズ・ヴイ王子(東京・大田)は紙製品や木工製品を製作する事業所を宮崎市に新設する。同市青島のホテルとレジャー施設内の2カ所で、障害者を採用して10月から操業する。2020年度までに障害者20人を雇用する計画だ。

名称は「ANA青島ファクトリー」で、九州では初めての事業所となる。宮交ホールディングス(宮崎市)グループのホテル「ANAホリデイ・インリゾート宮崎」内に紙製品の作業場を、隣接するレジャー施設「こどものくに」内に木工製品の作業場をそれぞれ開設する。

手すきによる和紙やリサイクル紙を使った名刺、宮崎県産の木材を使った茶わんや置物などを製作し、県内の土産物店、ホテル、空港などで販売する。同ファクトリーでは観光客が紙すきなどを体験できるようにする。20年度に売上高2500万円をめざす。

ANAウィングフェローズ・ヴイ王子は社員の約8割が障害者。全日空従業員の制服など貸与品の管理や、飛行機整備記録の電子データ化などの業務を手がけている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン