/

ホーム無人化を16年3月に延期 九州新幹線の新玉名駅

JR九州は24日、九州新幹線の新玉名駅(熊本県玉名市)で10月に予定していたホーム無人化を来年3月ごろまで延期すると玉名市に伝えた。安全対策装置の増設や運用は10月に始める一方、ホームへの駅員の配置も当面継続。同市などから延期や安全対策の徹底を求める要望があったことに対応し、乗降客の安全を慎重に見極める。

同駅では車掌がホームの状況を確認できるモニターや線路への転落検知用マットなどの安全対策を強化。これを踏まえてホームへの駅員の配置を取りやめる予定だった。

同社は早ければ来年秋を目指す株式上場に向けて、人件費圧縮を鉄道事業の収支改善に役立てる方針。在来線32駅は今年3月に無人化している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン