/

沖縄訪日客 初の200万人 昨年、総計も11%増861万人

沖縄県が発表した2016年の入域観光客数は前年比11.0%増の861万3100人となり、4年連続で過去最高を更新した。外国客が初めて200万人を超え、全体を押し上げた。県では16年度の目標を840万人に設定しているが、「暦年より年度の方が数字が上がる傾向がある。順調にいけば年度目標を達成できるのでは」(観光政策課)とみている。

外国客は38.7%増の208万2100人。航空路線で新規就航や増便があり、クルーズ船の寄港回数も夏場を中心に大きく増えたため、空路・海路客とも好調だった。国・地域別では、中国本土が51.5%増の44万9200人と大きく伸び、台湾(60万7300人)に次ぎ2番目となった。

国内客も4.3%増え、過去最多の653万1千人となった。航空会社の路線拡充による提供座席数増加が寄与したほか、離島への直行便も好調に推移した。

県が同時に発表した16年12月の入域観光客数は前年同月比8.1%増の66万3千人となり、12月としては過去最高を記録した。国内客が8.3%増の52万5800人、外国客が6.9%増の13万7200人だった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン