/

九電「川内原発の安全性認める妥当な決定」 鹿児島地裁判断で

鹿児島地裁が22日、九州電力川内原子力発電所1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)の再稼働を差し止める仮処分申請を却下したことを巡り、九電は同日、「川内原発の安全性は確保されているとの当社の主張が認められた妥当な決定だ」とのコメントを発表した。

「今後ともさらなる安全性・信頼性向上への取り組みを自主的かつ継続的に進める」として、原発の安全確保に万全を期する姿勢を強調した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン