ゼンリン、中小向け住宅地図データ新製品 営業など支援

2017/6/21 6:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ゼンリンは中小企業向けに住宅地図データの新製品を販売する。業種ごとに必要な情報を組み合わせてカスタマイズできるのが特徴で、まず不動産、建設、金融の3業種を対象に、土地開発や販売、顧客管理などの情報を盛り込んだ地図を提供する。地図を生かした詳しい市場調査や効率的な営業活動を支援する。

医療機関や飲食店など25業種の120業務に順次対応する計画。この事業分野の売上高を2020年3月期に180億円と1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]