「ここから再出発」九州豪雨、仮設の入居開始 朝倉市・東峰村

2017/8/18 12:02
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

九州北部の豪雨で大きな被害が出た福岡県朝倉市と東峰村で18日、自宅に住めなくなった被災者の仮設住宅への入居が始まった。約1カ月半にわたった避難所生活を終える被災者からは「落ち着いて将来のことを考えられる」と安堵の声が広がった。一方、被災者の健康管理や地域のコミュニティー維持などの課題も浮上している。

福岡県朝倉市では18日午前から仮設住宅への入居が始まった。同10時、杷木小学校では約50人の入居…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]