九電、玄海原発1号機の廃炉を正式決定

2015/3/18付
保存
共有
印刷
その他

九州電力は18日午前の臨時取締役会で、10月に運転開始から40年を迎える玄海原子力発電所1号機(佐賀県玄海町)の廃炉を正式に決めた。新たな規制基準を満たすためには燃えやすい電源ケーブルを取り換えなければならず、稼働してもコストに見合わないと判断した。同日午後、瓜生道明社長が佐賀県や玄海町などを訪問し、廃炉を決めた経緯を説明する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]