/

稲盛和夫氏に県民栄誉表彰 鹿児島県、市は市民栄誉賞

鹿児島県の伊藤祐一郎知事は16日、京セラ創業者で名誉会長の稲盛和夫氏(83)に県民栄誉表彰を授与した。県は表彰理由について「国内外で人材育成などに取り組まれ、郷土愛に満ちた活動は県民に敬愛され、社会に希望と活力を与えている」としている。稲盛氏は鹿児島市出身。同市の森博幸市長も同日、鹿児島市民栄誉賞を贈った。

稲盛氏は「鹿児島を愛する気持ちが原動力となり、ここまでやってこられた。古里のみなさんに『よく頑張った』と褒めていただいたようで誇らしい気持ちでいっぱい。どんな賞をいただくよりうれしい」と喜びを表現した。「自分自身を戒め、現在に至った。今後とも世のため人のために尽力したい。鹿児島の若者たちが海外に雄飛していくことも支援したい」とも語った。

稲盛氏は6月に県と市に10億円ずつ、計20億円を寄付した。県や市などでつくる建設協議会が建設資金として活用。留学生・研究者らを受け入れる宿泊機能を備えた「国際交流センター(仮称)」を整備する方針だ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン