/

この記事は会員限定です

高校生、核なき世界へ訴え20年 長崎発の平和大使

[有料会員限定]

日本の若者が海外に核兵器の廃絶を訴える「高校生平和大使」が今年、発足から20年目を迎えた。長崎市で始まり、現在は全国の高校生が参加。核廃絶に賛同する署名を集めて国連に届けたり、軍縮会議で演説をしたりする活動を毎年続ける。長年の活動は海外でも広く知られるようになり、被爆者の思いを受け継いで世界に発信する役目を担い始めている。

「先輩がつないできた長い伝統がある。責任を持って世界に核廃絶の思いを伝え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1062文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン