北九州の男性「工藤会系に4000万円」 みかじめ料で

2015/9/16付
保存
共有
印刷
その他

暴力団工藤会(本部・北九州市)系組長2人にみかじめ料計130万円を支払ったとして、福岡県公安委員会は15日、北九州市でパチンコ店を経営する男性(68)に対し、今後供与しないよう勧告した。県暴力団排除条例に基づく措置。男性は2001年から計約4千万円を渡してきたといい、「みかじめ料を支払うのは当たり前だと思っていた」と話している。

県警によると、男性は今年7月23日、第三者を通じて工藤会系組長(67)に現金100万円を供与した。2001年以降、盆暮れに100万円ずつ支払い続けてきたという。また別の組長(59)には6月16日~7月23日、3回にわたって計30万円を供与。05年以降、毎月10万円前後を渡してきたという。

男性は01年からパチンコ店の経営を継承し、以前の経営者からみかじめ料を支払うよう引き継いだという。勧告に従わなかった場合、県警は男性の氏名などを公表するとしているが、男性は「二度と払いません」と話しているという。

今年6月に県警が実施したみかじめ料に関する一斉の聞き込み捜査の中で、男性が翻意しなかったことから県公安委は供与禁止を勧告した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]