沖縄の小売り各社、強まる人手不足、対策急ぐ

2016/6/15 21:43
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

好調な経済を背景に人手不足感の強まる沖縄県で、県内の小売り各社が対策を急いでいる。成長の足かせにもなりかねないためで、待遇を改善したり、セミセルフレジの導入で省力化を進めたりしている。従業員の定着率向上を目指して働きやすい職場づくりに力を入れる企業もある。

「スーパーは多いところで20人、平均で10人前後が足りない。本当に苦労している」。リウボウホールディングスの糸数剛一社長(現会長)は5月、決…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]